日経225関連の投資におけるリスク。

日経平均株価である日経225を用いた取引のひとつに、「日経225先物取引」や「日経225mini先物取引」というものがあります。
メリットもある反面、リスクがあるということも取引をする前にきちんと把握しておくべきでしょう。
以下に、メリットとリスクについてご説明しました。

●メリット

・資金効率が高い
先物取引は証拠金取引となるので少ない資金で大きな取引をすることができます。
いわゆる、レバレッジを用いた取引ですね。
利益にもレバレッジが働くので、効率よく利益を上げていくことができるでしょう。

・売りからの取引が可能
日経225先物取引、日経225mini先物取引どちらも売りからの取引が可能です。
先物取引を使って新規で売建てを行い、その後相場が下落すれば買い戻すことで値下がり分が利益となります。
信用取引の場合は余計なコストが発生することがありますが、先物取引の場合は発生しません。

・銘柄選択をしなくてよい
投資対象が日経平均株価という株価指数となるため、個別銘柄を分析したり選別する必要がありません。
そのため、倒産リスクや上場廃止リスクも関係ないのです。

●リスク

・相場がない
どのような相場の局面であっても取引をすることができるので、常時利益を上げることができる投資手法と言えるでしょう。
ただし、それはつまり常時損失を抱えてしまう可能性があるということ。
損切のルールを自分で決めておくことが非常に重要となります。

・損失が増えるとロスカットとなる
損失が膨らむと追加保証金(追証)が必要です。
追証は取扱業者によって保証金維持率の数値が異なります。
追証の支払いには期限があり、それを守ることができなければロスカットとなるので要注意。
これは、未約定の決済注文がすべて取り消しになってしまうことで、投資家にとって一番やってはいけないことです。
つまり、損失を抱えたままの状態となってしまいますので絶対に避けなければなりません。
常に証拠金の残高には気を配るようにしましょう。

日経225先物取引の注意点。

日経225先物取引について、トレーダーが注意すべきポイントについてご紹介します。
どのサイトでも知識が重要になると言われる投資ですが、実は知識以上に重要なことがあるんです。

ほとんどのトレーダーは損失を出すとき、「メンタル」が原因になっていることが多いということをご存知ですか?
たとえば、
・儲けをたくさん出したいと必要以上に張り切ってしまう
・損切ができない
・常にポジションを保有してしまっている
・感情的なトレードが目立つ
・相場が自分の保有しているポジションにとって都合がよいように動くと予想してしまう
などが敗因要因として挙げられるでしょうか。
もっと冷静に、そして客観的に相場を分析して取引を行えば、きっと損失が出てしまう確率はぐっと減ると思います。
おそらく上記の例はほとんどの方が自分の決めたルール上ではしないと決めて取引をしているはずです。
それでありながら繰り返してしまうのは、おそらくメンタルの弱さに原因があると言えるでしょう。

投資において大切なことを挙げるとするならば、
・自分が決めたルールを破らない投資に徹する
・投資に応じた戦略に合致している状況でだけトレードをする
ということだと思います。

たとえば投資を始める前に自分自身でルールや戦略を立てたとしましょう。
ですがそれ通りに行動するという心理的な強さがなければ、すべて意味がないものとなってしまいますよね。

投資で最も大切なことは
・ルール
・戦略
・メンタル
であり、それらの割合は常に平等でなければなりません。

さらに、これ以上利益が見込めないポジションに関しては早々に損切をできる勇気を身につけることも重要だと思います。
実は、「投資で勝つためには早い損切が基本」だと言われています。
できればポジションを持った時点でストップロスを出しておくと、より安心ですね。
これもあらかじめ投資をするときにルールとして決めておけばいざというときに強い味方になってくれることでしょう。

日経225の投資について。

「くりっく株365」という取引をご存知でしょうか?
日本で唯一の公的な取引所による株価指数(日経225)証拠金取引を指します。
またの名を、取引所CFDと言い、CFDとは差金決済取引のことです。

では、くりっく株365と店頭取引CFDの違いについてご説明しましょう。
混同することが良くありますので、今後の参考にご確認ください。

●取引可能時間
・くりっく株365:土日、元日を除く毎日ほぼ24時間取引が可能(海外指数は取引時間がそれぞれ異なる)
・店頭CFD:CFD取扱会社によって異なる

●投資家保護
・くりっく株365:投資者保護基金の対象(取扱会社が加入するので一般顧客一人につき自動的に1000万円を上限に保護)
・店頭CFD:適用されない

●取引価格
・くりっく株365:複数のマーケットメイカーにより提示された価格の中から最も投資家が有利になる価格を提供してくれる(スプレッドの差が最も小さい組み合わせが売買価格に)
・店頭CFD:CFD取扱会社により提示された価格でのみの取引

●金利相当額
・くりっく株365:売りポジションを保有しているときは金利相当額を受け取ることができ、買いポジションを保有しているときは金利相当額を支払うが、その額は同額
・店頭CFD:投資家が受け取る金利相当額が少なく、投資家が支払う金利相当額は多くなっていることが多い

という違いがあります。
デメリットが多いと感じる店頭CFDですが、取扱銘柄が圧倒的に多いことが特徴です。
ただし、投資初心者にとってはそれがかえってデメリットになってしまう場合も。
商品選びに悩んでしまうことや、それぞれの企業情報を調べなければならないという手間がかかるためです。
慣れるまではなじみがある株価指数から取引を始めたほうが良いと言われていますので、やはりくりっく株365のほうが取引しやすいと言えるのではないでしょうか。
さらに投資家保護制度があるため、万が一の時でも元本を1000万円まで保証してくれるのはありがたい制度だと思いました。

日経225関連のブログ。

日経平均株価(日経225)というチャートを対象とした投資にご興味がある方はいらっしゃいますか?
テレビニュースや新聞などでなじみがある日経平均株価なので、より身近に感じている方も多いかもしれません。
実際のところ、日経平均株価が投資対象となる金融商品は株価指数CFDなどがありますが、専門知識をそれほど有せずとも始められるということで投資初心者向けだと言われているんですよ。

もしもう少し株価指数CFDのことを知ってみたいというのであれば、おすすめしたい投資家のブログがあります。
それは、『騰落する日々(link)』というサイトです。
騰落(とうらく)とは、物価や相場などの上がり下がりのことで、騰貴(上昇)と下落を指しています。
日経平均株価が対象となる株価指数CFDである「くりっく株365」や、「日経225先物」など、日経平均株価に関する投資情報が盛りだくさん!
とにかくコラムが非常にためになるものばかりなので、読んでいてとても勉強になるんです。

私が一押ししたいコラムは、「資産運用に手くするくりっく株365にもリスクがある!」というもの。
通常の投資家ブログではくりっく株365はメリットしか記載されていないものがかなり多いです。
ところがこのブログではリスクのことをしっかりと伝えてくれているため、本当に投資を始めても大丈夫なのかと投資初心者の方がきちんと今後の投資に対峙できる内容となっています。
最も大きなリスクとなる「価格変動による影響」に関してはかなり掘り下げて書かれてありましたので、何度も読み返して内容を理解していただければ。

さらに、別のコラムでも「日経225先ののを行ううえでのデメリットを知らなかったんなんてことでは済まされないので、すべて自己責任のうえ、事前の確認は必須」という文章にはこれから投資を始めようと考えている方へ愛のあふれるメッセージだと感じました。
単に利益を上げたいから、楽をしたいからという軽い気持ちでスタートするのではなく、ちゃんとその投資のことを調べて勉強してから始めてほしいということがとても伝わってきますね。

トラップリピートイフダンとは?

日経225証拠金取引において、画期的な注文方法が出たことをご存知ですか?
それは、「トラップリピートイフダン」!
これはイフダン注文にリピート機能を追加した、指値を自動的に何度でも繰り返す発注管理機能です。
株式会社マネースクウェア・ジャパン(金融先物取引業協会などに加入)が特許を取得したもので、資産運用に非常に高い効果があると言われています。

トラリピの特徴は、
・「買うべきかやめるべきか」といった主観・感情を極力排除した取引が可能になる
・相場を見る余裕がない方でも取引機会を逃さずにつかまえる
・一回の注文で何度も決済が狙えるため、注文の手間がかからない
と言ったことが挙げられます。
何よりも、
「簡単に、瞬時にオーダーすることが可能。さらに一度設定しておけば想定レンジ内で相場が動いている限りは常に収益チャンスをとらえられる」
ということが魅力ですね。
罠のように手広く仕掛ければその分利益も確実に狙いやすいため、初心者向けともいえるでしょう。

通常のイフダン注文は買った後に売れたら取引はそこで終了となりますが、リピート機能がついていることにより、相場が想定範囲内で動き続けるたびに売り買いが連続して自動的に繰り返されます。
これは相場の上げ下げを予測する必要もなく、手間がかからないということが魅力ですね。
注文画面自体も
・好きなレンジを指定
・好きな本数を最大25本まで発注
という基本的な操作のみ。
もちろんシステムが24時間注文を管理してくれます。
まさにトラリピは「果報を寝て待つ取引」と言えるでしょう。

現在トラリピを含む発注管理機能の利用口座および預かり資産はともに増加・拡大しています。
それだけ多くの投資家が利益が狙える発注方法ということで利用していることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

実際のマネースクウェア・ジャパンの公式サイトで仮想マネーを用いたバーチャル体験を行うことも可能です。
ぜひ利用してみてください。

資産運用を始めるなら疑問を解決していこう

将来のために貯蓄をしている方は多いと思いますが、資産運用をはじめている方はまだまだ少ないようです。といっても、資産運用に興味を持っている方は非常に多く、ただやり方が分からないという理由から始められないみたいですね。確かに、大事な資産を使うわけですから、中途半端な知識で始めるわけにはいきません。だからこそ、どんな些細で小さな疑問でもひとつずつ解決していくことが大事なんです。

もしも株やFXなどに興味があるなら、その歴史をちょっと覗いてみませんか? 例えば日経225と呼ばれるものですが、これは日経平均株価を意味しています。通称が日経225というわけですね。東京証券取引所市場第一部に上場する銘柄の中の、225銘柄が対象となっている株価指数を意味しています。その歴史は古く、1950年に東京証券取引所が公表した東証修正平均株価が始まりなのだそうです。1970年には東京証券取引所から日本経済新聞社グループが引継ぎすることになり、国内だけでなく海外に向けて情報提供をするようになりました。

株やFXの仕組みを知ることはもちろん大切なことですが、どんな歴史があるか覗いてみると、一連の流れをシッカリ把握できて楽しいですよ。元は資産を増やすことがきっかけかもしれませんが、株やFXを始めると日本だけでなく海外の経済事情や政治に関する情報も必要不可欠になります。そのため、ひとつずつ疑問を紐解いていくと「もっと知りたい」という欲求に駆られるわけですね。

資産運用の上級者たちの中にはブログを運営している人が非常に多いです。その中でも特にアクセスランキングの多いサイトは多くの人に支持されている証拠ですから、この機会にアクセスしてみるといいでしょう。運営しているのが上級者なので、専門用語や取引の流れ、世界の情勢や通貨に関する情報もしっかり提供しています。話し口調が面白いブローガーも人気があるみたいですね。この機会にぜひアクセスしてみてください。